阿波和紙会館では、毎年いろいろなイベントや作品展をしています。2F展示スペースには、定期的にさまざまなクリエイターによる作品展示。同じく、2F多目的ホールや図書館では、いろいろなジャンルの講師をお招きしての、体験教室。また、夏の「手漉き和紙研修会」に、初春の「三椏刈り取り研修会」と、盛りだくさんです。

一覧に戻る
阿波和紙と版画芸術  〜阿波和紙伝統産業会館  開館30周年記念〜
開催日時:  2019/12/14 〜 2020/1/18      09:00  〜  17:00
参加費:  一般・300円 学生200円 小・中学生150円
阿波和紙伝統産業会館が開館30周年を迎えた今年、一つの区切りとして、これまでに出会ったアーティストの記録をまとめた展覧会を開催。

本会館において収蔵する作品や、作家から借用した作品を公開展示し、伝統的な阿波和紙と現代アートとの関わりを紹介します。
作品展示数 61点

◎12月14日(土)午後2時〜
鈴鹿芳康(美術家)によるギャラリートーク・煎茶手前
どなたでもご参加下さい。

会期:2019年12月14日(土)〜2020年1月18日(土)
開場時間:午前9時〜午後5時
入館料:一般・300円 学生200円 小・中学生150円
会場:阿波和紙伝統産業会館
  (〒779-3401 徳島県吉野川市山川町川東141)